週末まったりアートプロジェクト (SMAP)

30代社会人が、プロジェクトとして週末のアート活動を充実させる記録。絵画教室、アートイベント、美術館などの展示、おすすめの本などの情報を紹介します。日々の活動を報告していきます。

週末まったりアートプロジェクト

東京近郊の美大の公開講座~社会人も美大へ!

美大に行かなかった私たちの憧れ、美大公開講座。一度は受けてみたい!ということで情報を集めてみました。私個人的に気になる順でご紹介してみます。

1.東京藝術大学(上野・取手)

www.geidai.ac.jp

※H29年度のは既に終了。

工芸系もあり、なかなか面白そう。天下の東京芸大とはいえ、初心者向けの講座も意外とあります。7,8月の夏休み期間の開講が多いので、社会人も休みがとりやすそう!土日開講もわりとあります。

 

2.京都造形芸術大学(青山)

air-u.kyoto-art.ac.jp

オンラインの通信教育に力を入れている京都造芸。講座数は多く、かなり充実。平日開講もありますが土日も探せばあります!私も何度か受講を検討してます。実施会場ごとの検索がちょっとし辛いのが難点なので、冊子を請求してもいかもしれません(一度請求するとめっちゃ来ますが。)

 

3.女子美術大学(杉並・相模原)

女子美オープンカレッジセンター:https://occ.joshibi.net/

公開講座に力を入れているみたいです。少人数(20名)というところも魅力ですね。相模原で始まった銅版画講座は魅力的!杉並はアクセスもよさそうです。

 

4.武蔵野美術大学武蔵野美術学園:吉祥寺)

ムサビ独自の公開講座もありますが、実技系講座は系列の武蔵野美術学園の方が充実している気がします。

gakuen.musabi.ac.jp

 

5.多摩美術大学(八王子)

www.tamabi.ac.jp

土日がほとんどない、そして平日夜も一部あるけど八王子…八王子の人羨ましいです!

 

6.東京造芸大学(八王子)

公開講座 – 東京造形大学

いろいろやっているようですが、八王子市民対象のようです。

 

まとめ

土日完結の講座ならいいかもしれませんが、長期でやるのなら家から近いのが一番ですよね。しかし、全体的に言って大学の公開講座って料金も万単位のことが多くて高いし、平日開講が多いし、ちょっと手が出づらいです。でも美大のキャンパスへの憧れはやっぱりあるので、一度は経験してみたい!

ちなみに、たまに美大が自治体と連携して行っている「市民講座」だと少しお安く受けられたりします。会場は美大じゃないかもですが、美大の先生に教わるチャンスかも。